後遺障害とは何?

よく病気や怪我が落ち着いても後遺症が残るという言い方をしますが、交通事故においては『後遺障害』と呼んで明確に定義しています。
これは国による自動車保険制度である自賠責によって等級が設定されていまして、被害者の後遺症の症状の重さによって専門機関で認定されることになるでしょう。

しかし、この後遺障害のレベル認定ですが決して侮ってはならず、最初の段階で適正な等級を取得しておかないと最終的な慰謝料を得るためにとても重要な材料となって行くからです。
後遺障害の認定前後に良く見られる状況としては、専門医に診断をしてもらわなかったことで正確な等級を得られていないことになります。

つまり、診断した医師のレベルによっては被害者が陥っている症状の把握ができずに被害者本人も納得してしまう状況となるわけです。
その後、被害者も診断内容にしてはあまりにも症状が違うということを感じるようになり、その後改めて専門医による診断をしてみるともっと潜在的な症状があって深刻だったというケースもある分けです。

これにより、後遺障害というのは単一の医師にだけの診断を材料にして決定してもらうよりも、複数の専門医によって診断を行ってもらってより正確な等級を得るほうが被害者にとっても長期的に健康的・経済的にもメリットをもたらしてくれるでしょう。
それでも、後遺障害に関する認定やその後の慰謝料請求までの処理について、被害者単独で行ってしまうと大変困難を来します。


≪特選サイト≫
交通事故で負った後遺症の後遺障害認定をサポートしてくれるサイトです ⇒ 交通事故 後遺症